ドーナツラボの想い

多くの人に知ってもらいたいこだわりのやさしい味

ドーナツに限ったことではありませんが技術だけではなく、おいしさの重要な部分で材料が最も大きく決めてとなります。
当店では、雄大な北海道の大自然で育った新鮮、安心で安全な材料を使用し、ひとつひとつ独自の手法で丁寧に仕上げています。
地元の方に愛され、観光客の方が一度口にするとホッとするような心にも体にもやさしい味わいをこれからも作り続けていきたいと考えています。

素材へのこだわり

ドーナツラボで使用している材料のほとんどは十勝産・北海道産です。
安心、安全なのはもちろんですが、その中でもより美味しいもの、良質なものを厳選して使用しています。
揚げ油はドーナツへの付着率が通常のサラダ油と比べて約70%も抑えられる非常に優秀な油を使用しています。もちろん低トランス。
保存料や添加物は一切使用していません。
この上質な材料達をつかい時間をかけてじっくり丁寧に作られる安心、安全でふんわり、やさしい甘さのドーナツたちを是非、お楽しみください。

これからのドーナツラボ

ドーナッツを目に当てて、ポッカリ開いた窓から世界をのぞく。子供たちは窓の奥に、ほがらかな笑みをみつけ、その顔を確かめると、満足げにドーナツをほおばる。食べられるメガネはいつの時代も子供たちに大人気。ドーナツ屋への転向のきっかけは二人の子どもだった。
「食べさせても安全で、安心できるおやつを二人にはたべさせたい」。34歳の時に調理師学校に入り、卒業後レストランやパン屋で修行を積み重ね店を開いた。
子供たちに作ったおやつは、ふんわり、もっちもち。原材料のほとんどは十勝産・北海道産。
地域密着を意識した結果、ドーナツのレパートリーの中には、かぼちゃ、豆乳、きな粉など、地元素材に着眼した商品が多く出来た。
「地元にある良いものを使って、息の長い商品を作りたい」。次世代、次次世代の子供たちに届けるため、ドーナツラボの挑戦は始まったばかり。